トレーニング後のお酒には3つのデメリットが。気をつけたいお酒の飲み方

美容と健康を探求し追求するkenzoです。

美容と健康の為にトレーニングを行っている方多いと思います。

またその中でお酒が大好きという方も多いと思います。

ランニングや筋トレなどトレーニングを頑張った後のお酒って格別に美味しいですよね。

しかしせっかく頑張ったトレーニングもお酒が原因で効果が半減していたらどうしますか…

今回はトレーニング後のお酒のデメリットについて書きたいと思います。

では見ていきましょう。

筋肉が分解されてしまう

お酒を飲むとコルチゾールという物質の分泌量が増加します。

このコルチゾールはストレスホルモンと呼ばれ、筋肉を分解する作用があります。

お酒を飲むと筋肉が分解されてしまうので、せっかく鍛えた筋肉量が減り、筋トレが無駄になってしまう恐れがあります。

筋肉の成長を妨げる

男性ホルモンであるテストステロンという物質は筋肉を大きくする働きがあるのですが、お酒を飲むとこの働きが弱くなり筋肉の成長を妨害してしまいます。

せっかくトレーニングしても無駄になってしまう恐れがあります。

肝臓に負担がかかりすぎる

お酒を飲むと肝臓で分解されます。

アルコールを分解するには肝臓にかなりの負担がかかります。

お酒があまり強くない方だとさらに負荷がかかっています。

トレーニングをすると、体を回復させるために肝臓に負担がかかっています。

そうなると回復とアルコール分解のダブルパンチで肝臓のキャパが限界を超えてしまいます。

健康のためのトレーニングで健康が害してしまう恐れがあります。

どうしてもお酒を飲みたい人へ

お酒のデメリット3つは筋肉を分解し、成長を妨害し、肝臓に負荷をかけると書きました。

飲まないというのが一番いいのは間違いないですが、お酒が大好きな人だと我慢がストレスになってしまい、トレーニングに対するモチベーションを保てなくなる可能性がある思います。

その場合は飲み方に注意してお酒を楽しみましょう。

飲み方①
お酒の種類は蒸留酒にする(ウィスキーやジンやラム)アルコール度数は高いので量に注意する

飲み方②
お酒のアテは低カロリー【鶏むねやサラダ等】のものを選び高カロリー【唐揚げやラーメン】を控えるようにする(気をつけないとあっという間に体脂肪がつきやすき落ちにくい体の完成です)

この2つが かなり重要になってきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

個人的には正直トレーニングするしない関係なくお酒はあまりお勧めできません。

上記に書いたデメリットはもちろん睡眠の質や回復力など様々な面で影響があります。

うまくバランス取りながらトレーニングとお酒とうまく付き合って結果を出していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました