革靴の足の蒸れ・臭いに悩んでる人へ。簡単な対策はあれとこれの二択のみ

美容と健康を探求し追求するkenzoです。

これから夏に向けて気になるのは足の蒸れによる臭いって方多いのではないでしょうか。

1日働いた後に飲み会などで靴を脱がなければならない場面ってかなり、いや、相当嫌ですよね。

kenzoはメンズですがめちゃくちゃ気を遣うし気になります。

ここでは嫌な臭いが発生するメカニズムとその対策について書きたいと思います。

臭いが発生するメカニズム

臭いが発生するメカニズムには3つの原因があると言われています。

1つ目は汗です。足の汗は季節を問わず1日にコップ約1杯分といわれています。

汗腺が集中しているのが足の裏で、その足にかいた汗をそのまま放置すると皮膚常在菌という菌によって分解されます。これが靴の悪臭の正体雑菌(バクテリア)の臭いになります。

2つ目は角質です。足の裏の角質は厚いのが特徴です。

そのため、大量の垢(あか)の原因になります。この垢とは足の裏から剥がれ落ちた表皮細胞のことで、日常歩いたり、踏ん張ったり、摩擦によってポロポロと生み出されます。

その垢を栄養分にする皮膚常在菌が繁殖し、さらに汗からの分泌物が混じることが臭いの原因なのです。

3つ目は靴です。臭いの原因の3つ目となる靴は、足を密閉状態にしてしまうものです。

特に革靴は足汗が蒸発しにくく、足の温度を上昇させてしまいます。

こうした環境こそが、皮膚常在菌の活動を活発化させています。

また、靴の中の温度が上昇すると蒸れてしまい、皮膚の一番外側にある角質が剥がれ落ちやすくなります。

臭いが発生する環境

臭いを抑えるには雑菌(バクテリア)の発生を抑えなければなりません。

実は汗自体は無臭なんです。その汗に常在菌が反応して臭いを作り出します。その常在菌が活発に活動出来てしまう環境が悪になるわけですね。

1.温度 菌は35度~42度くらいの体温よりやや高い温度で最も活動が活発になります。夏の靴の中の温度は菌には最高の環境になってしまいます。

2.湿度 これもカビを思い浮かべるとわかりやすいですが、カビが発生するのは高温多湿ですよね。これと同じ原理です。

この2つを避けなければなかなか臭いを抑えることが出来ません。

これらをどう抑えるか見ていきましょう。

臭いを抑える対策

1番間違いないのは消臭クリームです。正直これ一択でもいいと思っています。

殺菌成分を含んだ薬用のものを選びましょう。

個人的には靴へのアプローチ(消臭スプレー等々)をするよりは靴に臭いがつく前に足の臭いを発生させないという先手を打ちましょう。

その方がコスパも断然いいです。

もう1つは靴のサイズです。

靴のサイズが合っていないと足が無意識に緊張しっぱなしの状態になります。特に大きめはNG。

そうなると汗が大量に出ます。汗が出ると菌が増殖します。臭いが大量発生します。上記に書いた通りです。

靴は自分に合ったサイズの物をしっかり吟味し購入するようにしましょう。

まとめ

夏になると特に女性はこの悩みを気にされて楽しいはずの飲みの席でも臭いが気になって話が入ってこないなんて人も多いんじゃないかと思います。

この2つを試してみてください。効果はあると思います。

急に誘われても全く悩まずにアフターファイブを過ごせる事を祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました